急性中耳炎

2008/05/29 2008/05/29

runa 2歳8ヶ月
初めて中耳炎になりました。

-急性中耳炎の記録-

22日(木)~27日(火)
38℃代の熱が続く。
熱のわりに手足は熱くなく機嫌もいい。
咳も鼻水も出ていない。

28日(水)
3時と5時に「ぜりー!」「しろー!(ポカリ)」と言って
泣いて起きたので熱を測ると39℃の熱。
7日目だというのに39℃。
「いつもの風邪と違う!」と
かかりつけの近所のクリニックではなく
大きな病院の小児科へ。

前は病院に行っても平気だったし
注射を打たれても泣かなかったのに
ここにきてなぜか「病院=怖い」になってしまったらしく
診察室の前に行くと号泣。
泣いて暴れるので体重計にも乗れないほど。

診察室に入ってもとにかく泣きわめいている。
「詳しく調べてみましょう」ということになり
血液・尿・レントゲンの検査。
耳鼻科にも行くように言われて耳鼻科も受診。

「おそと いくー!」と泣いて暴れるrunaを抱きかかえて
処置室・レントゲン室・耳鼻科・小児科…と病院内を歩き回り
終わった時にはクタクタ。
runa本人も相当体力を消耗したと思う。

耳鼻科では私が抱きかかえてイスに座り
看護師さん2人がかりで押さえつけてやっと受診。
先生は耳の奥を診るとすぐに「急性中耳炎」と診断。
「38℃も熱が出るようだと切開することもあるんですが
 そこまでひどくはなっていないので薬を飲めば治りますよ。」
とのこと。

血液・尿・レントゲンの検査結果は問題なし。
一週間も続いた熱の原因は「急性中耳炎」だった。
飲み薬の服用で治ると聞いて一安心!

29日(木)
薬の副作用のせいかひたすら寝ている。
一週間も熱が続きさすがに顔色が悪い。

31日(土)
薬服用4日目。
熱が36℃代に下がる。

「急性中耳炎」
鼻や喉について風邪ウイルスや細菌が
鼻と耳をつなぐ耳管を通じて中耳の粘膜に感染し
炎症を起こす病気。

鼻管の発達が未熟な乳幼児に多く見られ
急な高熱の後咳や鼻水などの症状に続き
激しく耳を痛がるようになる。

悪化すると鼓膜が破れて耳だれが出たり
下痢や嘔吐を伴うことがある。

風邪が治ったのに機嫌が悪い
耳を痛がるなどの症状があったらすぐに耳鼻科を受診する。

初期の段階なら抗生物質の服用で治るが
膿が出るほど悪化している場合は
鼓膜を切開して膿を出すこともある。

鼓膜は自然に回復するが
中耳炎は慢性化したり
滲出性中耳炎に移行したりするので
以後も注意が必要。

- 以上 -

耳をさわったり痛がったりする様子は全くなかったので
「中耳炎」は予想外でした。

切開せずに済んだのはいいけど
薬を飲むのを嫌がるのでこれまた大変。
ジュース・ゼリー・アイス…
runaの好きなものに混ぜて飲ませようとしても
色や匂いでわかるのか口に入れる前から拒否。

とにかく薬はちゃんと飲ませようと
無理矢理口の中に流し込んでます。
一口目はrunaも頑張って飲み込んでくれるけど
その後は吐き出してしまうので
毎食後お薬とrunaと格闘の日々です。

2008/05/29

スポンサーサイト




  1. 2008-05-31(Sat) |
  2. [こども]びょうき|
  3. TB0|
  4. CM6

profile

noco
runa's birthday 2005/9/15
riku's birthday 2007/5/21
author:noco
RSS Admin
A8.net 楽天