熱性けいれん その後

発熱・熱性けいれんで救急車で病院へ行き
診察・検査が終わって帰ってきたのは朝の4時30分。

rikuの様子は落ち着いているものの
「7ヶ月と月齢が小さいため
 症状が急変することもあるので翌日も受診すべき」
と言われたので今日も病院へ行きました。

実はこの日
私は歯の矯正器具を装着する予定でした。
器具装着は抜歯から1週間後がベストだし
午前中の患者は私だけ。
キャンセルするのは心苦しかったけど
rikuの体の方が大事なので
病院へ出かける前に歯医者さんへ行き
事情を説明して予約を変更してもらいました。

その後rikuを車に乗せて病院へ。
症状も変わりないし
昨日に比べれば機嫌もよくなってきたので
簡単な問診で診察終了。

今後の注意点をいくつか教えてもらいました。

・家族が小さい頃熱性けいれんを起こしている場合
 遺伝で起こしやすい傾向がある。
 パパも小さい頃熱性けいれんを起こしているので
 今後も起きる可能性大。
・熱が上がってきたらけいれん止めで予防する。
・硬直が左右対称で5分以内で治まり
 その後落ち着いていれば朝まで待って受診すればいい。

行き帰りの車中でぐっすり寝ていたrikuは
自宅に戻るとずりばいで布団から抜け出し
いつも通りおもちゃで遊び始めました。
熱も36.5℃に下がっていました。

私がrikuを連れて病院に行っている間
妹と甥のイブくんが来てくれていたので
runaはママがいなくてもご機嫌!

しかも夕方,母・妹・イブくんが帰ろうとすると
「いぶくんちゃん いこう!いこう!」と言って
一緒に実家に行きそのままお泊まり。

runaがいない夜,
昨日のことが嘘のように静かでした。

2008/01/17 2008/01/17

スポンサーサイト




  1. 2008-01-17(Thu) |
  2. [こども]びょうき|
  3. TB0|
  4. CM2

profile

noco
runa's birthday 2005/9/15
riku's birthday 2007/5/21
author:noco
RSS Admin
A8.net 楽天