スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --------(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

インフルエンザ



ルナもリクもインフルエンザにかかり
今週はずっと引きこもっています。


月曜日
ルナ、微熱&頭痛で学校を欠席。

夕方、学校から電話があって
「2年〇組さんは欠席が多かったので
 明日から金曜日まで学級閉鎖になります~」と。


火曜日
ルナのお熱はやはり37℃前後。
いつもなら家で様子を見る範囲だけど
「学級閉鎖になるほどならば、もしかして‥」と
念のため病院へ。

インフルエンザ陽性でした。

検査のタイミングが遅かったので
苦ーい風邪薬を処方されました。

その夜、寝ていたリクが夜中に起きて
「おでこが痛い~!」と。。


水曜日
リクもやはり高熱ではないけれど
症状が似ているので
病院で検査してもらいました

で、案の定、陽性。

リクはタミフルを飲むかイナビル吸入かで
とりあえず吸入の練習をしてみることに。

「わぁ~、すごーい!!
 こんな小さいのに吸うの上手だわ~。
 中学生でも吸えない子もいるのよ~!!」と
年配の看護師さんが二人がかりで
これでもかっていうほど褒めてくれまして
イナビル吸入で処置完了。


二人ともあまりにも症状が軽いので
ルナのクラスが学級閉鎖でなければ
ただの風邪だと見過ごしていたかもしれない
今回のインフルエンザ。

引きこもりはつらいけど
大きなイベントがある時期じゃなくてよかった。
今週は家でおとなしく過ごします。。
スポンサーサイト

  1. 2014-01-29(Wed) |
  2. [こども]びょうき|
  3. トラックバック(-)|
  4. CM0

心雑音 検査結果

日中過ごしやすくなってきたので
午前中は公園で外遊びしてお弁当。
rikuがお昼寝した後は
夕方まで家でお友だちと遊び
風呂・夕飯をさっさと済ませたら
2人とも早く寝てくれて朝までぐっすり。
健康的でリズムのいい毎日の中
runaとriku続けてケガをしてしまいました。

9月30日(火)
パパがイギリスへ出張していた1週間。
特に問題はなかったけど一つあったとすれば
rikuがお風呂で転んだこと。
私がrunaの髪を洗っている最中
お湯を抜いた浴槽の中で転倒し
左瞼を切って流血。
かかりつけのクリニックは休診日だったし
縫うほどの傷ではなかったので
テープで留めて処置しました。

2008/09/30

10月9日(木)
rikuの傷がようやくくっついてきたと思ったら
今度はruna。
お隣のMちゃんと家の前の道路で遊び始めてすぐ
ものすごい勢いで転んで思いっきり額を打ちました。
転んだ瞬間「病院だ…」と思うほどでした。
かかりつけのクリニックに行ったら
「傷が深いから外科に行った方がいい」と言われ
総合病院の脳神経外科へ。
頭を打ったので一応レントゲンも撮りました。
傷は医療用のホチキスで留めてもらいました。
早くきれいに治るとはわかっていても
ホチキスの針が刺さっているのは痛々しかった。
1週間後には針を抜いて傷もきれいになりました。

2008/10/14

10月20日(月)
先月rikuが熱性けいれんを起こして診察を受けた際
「心雑音が気になる」とのことだったので
予約してあった小児循環器外来に行ってきました。

専門医の先生がエコーで心臓を見てくれましたが
特に異常なし。
レントゲン・心電図とも問題ありませんでした。
大丈夫だとは思っていたけど
ちゃんと診てもらってひと安心です。

rikuは待合室でもおとなしくイスに座っていました。
runaは絶対座っていられなかっただけに
「なんて手がかからないんだろう」と感激。

  1. 2008-10-20(Mon) |
  2. [こども]びょうき|
  3. TB0|
  4. CM0

熱性けいれん 2回目

2008/09/01 2008/09/01

いつも行っている子育て支援センターの近くで
お祭りがあったのでみんなで見に行きました。
「今日はお祭りだから」と先生が子どもたちに
おやつをプレゼントしてくれてrunaもrikuも大喜び。

今週も家でお友だちと遊んだり
夕方涼しくなってから公園に行ったり
いつも通り楽しい毎日でしたが
土曜日の夜
rikuがまた熱性けいれんを起こしてしまいました。

-熱性けいれん(2回目)の記録-

6日(土)
朝から手足が熱い。
熱のせいか昼と夕方2回お昼寝をする。
18時に昼寝から目覚める。

機嫌よくrunaとパパとおもちゃで遊んでいたので
私はrikuにポカリを飲ませようと台所で準備。

私が台所にいるのに気付いたrikuが
「ままー!ままー!」と泣き出したので
「今ジュースあげるから待っててね~。」と
コップにポカリを入れていたその時
「バタン!!」と床に倒れこむ音と
「わん!わん!わん!わん!」と
腹の底から出ているような低くて妙な泣き声が。
その瞬間「まただ…」と思う。
泣いている顔にもものすごく力が入っていて
普段見たことがない妙な顔つきだった。

抱き上げると顔が無表情になり硬直。
そのうち手足がピクピクとけいれんし始める。
rikuのことはもちろん心配だったけど
こんなrikuの姿を見ちゃったら
パパもショックが大きいだろうとそれもまた心配。

布団に寝かせて時計をチェック。
手足のけいれんは5分ほどで治まる。

前回と同じ大きな病院で受診。
喉が赤いので発熱はそれが原因だろうとのこと。

一度熱性けいれんを起こした子が
再度けいれんを起こす確率は50%だそうで
2回やった子は3回目4回目がある確率が高いと言われる。

けいれん止めと解熱剤は家にあるにもかかわらず
むやみやたらに薬を使うのはどうかと躊躇し
どのタイミングで使ったらいいか判断も難しくて
結局どちらも使わなかった。

その点も先生に聞いてみたら
「今回が2回目ということで
 3回目4回目がある可能性が高いです。
 とにかく熱が出たらけいれん止めを使ってください。」
と言われる。

7日(日)
けいれんを起こした後から下痢気味。
朝昼は熱も37℃代で食欲もある。
夜になるとまた38℃を超すが
食後すぐに就寝。

runaもいつもよりやや手足が熱くうんちも緩め。
熱はないもののちょっと心配。

-以上-

rikuは1回目のけいれんが生後7ヶ月の時だったので
予防接種がちょっと遅れ気味。
今月やっとポリオ1回目を予定していたのに
これもきっと延期かな。

これからはrunaもrikuも発熱のたびに
私がうまく薬を使ってあげなきゃいけないなと
改めて思いました。

runaのお誕生日まであと1週間。
みんな元気になってお祝いできますように。

  1. 2008-09-07(Sun) |
  2. [こども]びょうき|
  3. TB0|
  4. CM5

水疱瘡 終了

2008/07/05 2008/07/05

水疱瘡発症から1週間。
5日分のお薬も飲み終わり
水疱も落ち着いてきたので病院へ行ってきました。
2人とも「もう大丈夫ですね。」と外出許可が出て一安心。

runaは3日目に熱性けいれんを起こし
熱も39.6℃まで上がってしまったものの
心配していた水疱は背中に2~3つ程度。
首・背中・お腹にも発疹はできたけど
水疱にはならずそのまま消えてしまいました。
初期に抗ウイルス剤を飲むと
発疹や発熱をある程度抑えることができるそうです。

rikuはいかにも水疱瘡というかさぶたができましたが
特に痒がることもなく終了。

家にこもりっきりの1週間。
さすがのrunaも病気のせいでいつもの元気はなく
ゴロゴロしながらテレビを観たりおもちゃで遊んだり。
最近のお気に入りは「ボブとブーブーズ」。

母も心配して様子を見に来てくれて
子どもたちの遊び相手をしてくれたので
1週間の引きこもり生活も何とか乗り切れました。

この頃はrikuがrunaの真似をよくするようになって
2人で遊べる時間も増えてきました。

2008/07/05 2008/07/05


  1. 2008-07-05(Sat) |
  2. [こども]びょうき|
  3. TB0|
  4. CM0

水疱瘡 3日目

水疱瘡3日目。
runaが熱性けいれんを起こしました。

-水疱瘡・熱性けいれんの記録-

28日(土)
背中に水疱一つ。
水疱瘡と診断される。

29日(日)
「おそとで しゃぼんだましたーい!」と言うrunaに
「雨だから しゃぼん玉できないね」と言って家の中で過ごす。
背中とお腹に赤い発疹が出始める。

30日(月)
朝からいい天気。
晴れた青空を見たらrunaが外に出たくなるだろうと
カーテンは閉めたまま。

昨日よりrunaの体が熱いので
ポカリを飲みながらテレビを見て過ごす。

最近お昼寝しないrunaが11時には「ねむい…」と言って
ソファでそのまま寝てしまった。

12時に目を覚ましたrunaは
小窓から青空を発見し
「あ!はれてるね!」と外に出たがる。
ここ2日間家から全く出ていないので
ちょこっとだけ庭に出ることに。

runaは門扉に手をかけて足踏みしている。
「いつもそんなことしないのに…」と思っていると
一点を見つめたまま瞬きもせずひたすら足踏み。
様子が変なので近寄ると口をモゴモゴさせているので
「吐いていいよ。」と抱き上げる。

声をかけても反応がなく無表情のまま。
白目にはなっていなかったけど眼球が上転している。

部屋に戻って横に寝かせると
手足がピクピクけいれんしている。
口は相変わらずモゴモゴしたまま。
私が動くと目では追うけど
けいれんしているので体は動かせない。

病院に行くにもrikuがいるのでまず実家の母に電話。
次にかかりつけの近所のクリニックに電話。
診察時間外で先生が不在だったため119番。
救急車が全部出てしまっていて
別の消防署から救急車を呼ぶと時間がかかるので
結局自分で連れて行くことにし
大急ぎで仕度をして病院に連れて行く。

runaのけいれんは10分程で治まったものの
車の中ではぐったり。
最近は診察室に入るだけで大泣きしていたのに
朦朧としているせいか泣かずにおとなしく受診。
やはり熱性けいれんだろうと
熱冷ましの注射を打ってもらう。

その後,実家に寄って昼ご飯。
runaはぐったりしながらもご飯はよく食べる。
実家でもソファで横になっていたら
そのまま寝てしまった。

注射の解熱作用で夕方は熱が下がっていたけど
夜には39.6℃。
機嫌は悪くなかったけど夕飯は食べなかった。
発疹は背中とお腹に出ているが
まだ水疱にはなっていない。

-以上-

1月にrikuが熱性けいれんを起こした時は
初めてのことでかなり焦ったけど
今回は2回目なので少し冷静でいられました。

朝からぐったりしているrunaを見て
「ウイルスと闘って疲れてるんだろうな」
と思ってはいたけど
まさか熱性けいれんを起こすとは。

水疱瘡4日目のrikuは
熱も上がらず発疹も痒がらず薬も嫌がらず
水疱はほとんどかさぶたになってきました。

runaの発疹はまだ水疱にもなっていないので
これからがまた大変かな。

2008/06/30 2008/06/30


  1. 2008-06-30(Mon) |
  2. [こども]びょうき|
  3. TB1|
  4. CM5

profile

noco
runa's birthday 2005/9/15
riku's birthday 2007/5/21
author:noco
RSS Admin
A8.net 楽天


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。